映画2012について

こちらの映画はある地質学者エイドリアンと言う男性が天体物理学者と会い太陽面が爆発をした事から地球の温度が上がっている事を知らされそれで大統領の元へ行く事となります。

そして事の重大さに気づかされノアの箱船の計画が始まる事に、ただその船に乗る為には1人10億ユーロがかかってしまうと言う事で普通の方は当然無理な話です。
そんな中何も知らずジャクソンと言うリムジン運転手が離婚した妻との間に出来た子供2人を連れ公園へ遊びに行く事となるのです。
ですがそれである異変を知る事なり急遽家へ戻る事に、そしてほっとしたのもつかの間その後すぐに大規模な地震が発生してしまい急いでジャクソンは家まで戻り家族と妻の彼氏と共に車で小型飛行機がある所まで向かう事になります。

ここからのシーンが本当かなり凄かったです。
車を走らせている中後ろを振り返ると既に道路がどんどんと崩れ落ちてきていてぎりぎりの所まで迫ってきくるドキドキ感が何とも言えないくらいの恐怖を感じました。
ただそれだけではなく前からも高層ビルが崩れ落ちてきてそこをすれすれに通ったりととにかくこのシーンスリル満点な映像で息をのむ位凄いなと思いました。

また迫力あるシーンはここだけにとどまらずノアの箱船があるのは中国と言う事で小型飛行機から大型飛行機に乗り換え向かう事になるのですがそこも危なくぶつかりそうになったりと凄いシーンがまだ続きました。
本当こういった場面は何度も観たくなるくらい印象的でもありました。
この映画はそういった恐怖感を味わえる映画でしたね、私としてはこちら特に観ていない方にはお勧めな映画だと思います。
それ位面白かったですし何度観ても飽きがこないそんな映画でもあるのかなと思います。