作者別: drapchithefilm

HUNTER×HUNTER 緋色の幻影 を見ての感想

映画だけのオリジナルストーリーですが、原作と同じパターンで、主人公のゴンとキルアが活躍します。人気キャラのクラピカは登場しますが、活躍は控えめです。 主人公だからと言って人気があまりないキャラクターを多く登場させるのはどうかと思いました。映画ぐらいは、人気のある順に登場回数や活躍の頻度を上げて欲しいと思いました。クラピカが両目を奪い去られると言う大ピンチになりますが、レギュラーキャラだから最終的には救われます。同様に他の人気キャラも救われるべきだと思います。大勢のファンが二度と登場しない事に絶望感を感じて... 続きを読む

ミュージカル映画の決定版 ムーランルージュ

2001年に公開されたムーランルージュ。 それまで、ミュージカル映画に興味はなかった私ですが、見終わったあと、これはもう一度見なければ!とすぐに思った作品でした。 実際今まで何十回と観ています。 一番印象に残るのは主演のニコールキッドマンの美しさ。 彼女の美貌を存分に魅せる衣装と演出に息が止まるようなシーンが何度もありました。 もう一人の主演、ユアン・マクレガー。彼の歌声にも惹きつけられるものがありました。 ストーリーは恋愛映画で最後はハッピーエンドにはならないのですが、キャバレーという世界観にピッタリな... 続きを読む

男女七人秋物語 TVドラマDVD

平野ノラさんのブームのお陰もあり、バブル時代に思いをはせているとき、偶然レンタルショップで見かけ、借りて観たものの、あまりにも良かったので、全巻DVDの大人買いをしてしまいました。 「男女七人秋物語」は、1986年の「男女七人夏物語」の続編で、翌年の10月から放送されたドラマです。 明石家さんま演じる今井亮介と、大竹しのぶ演じる神崎桃子のラブコメディーで、観たことはないけれど耳にしたことはある、という方が多いのではないでしょうか。 言わずと知れた、二人を結婚に結びつけたドラマでもあります。 バブル真っ盛り... 続きを読む

心がほっこりする映画、しあわせのパン

今回ご紹介するのは大泉洋さんと原田知世さん主演の「しあわせのパン」という映画です。映画のタイトルの通り、優しくほっこりした心温まるストーリーです。 殴り合いや殺人、いじめなどと言ったものが苦手なのですが、この映画にはそんなシーンは一つもありません。発する言葉はいつも優しく、行動は誰かのためを思い、心に寄り添ってくれるそんなお話です。 舞台が北海道の月浦という場所です。大泉洋さん、原田知世さん演じる夫婦がこの月浦でカフェを経営しています。カフェの前には大きな洞爺湖が広がり、人の心を潤してくれます。私は洞爺湖... 続きを読む

涙が止まらない!夫婦愛の映画「アンコール!!」

先週、「アンコール!!」という映画を借りてきました。 私は普段、映画を観て泣くということは滅多にないのですが、久しぶりに号泣してしまいました。 気難しい性格の夫アーサーと、素直で前向きな妻マリオン。 2人暮らしをしているこの老夫婦ですが、妻のマリオンは病気を患っていました。 余命わずかと宣告されており、アーサーもマリオンもやがてくる死に怯えながらも、そんな現実を受け入れて生活をしていました。 マリオンの唯一の楽しみは、老人仲間との合唱でした。 しかし、妻の病状を心配する夫アーサーは、マリオンを外に出そうと... 続きを読む

テンションが上がるワイルドスピード スカイミッション

テンションを上げたいときに私がオススメするのは、ワイルドスピードシリーズのスカイミッション。 迫力のカーアクション、たくさんの種類の車がでてきます。最新の車から、歴史のある古い車まで。車好きにはたまらない映画となっています。国産のGTRなど、日本車も多く登場します。 ワイルドスピードのポールウォーカーの30台の愛車とその実勢価格 世界に負けず劣らず日本の技術の素晴らしさに誇らしいと思えます。映画の中では、車のカッコいいボディだけではなく、その素晴らしい走りやエンジン音も注目です。そして、大切なのはストーリ... 続きを読む

思春期の甘酸っぱさが味わえるアニメ映画・時をかける少女

筒井康隆原作の時をかける少女・アニメ版映画が2006年7月15日に角川ヘラルド映画として公開されました。幾度となくこちらの小説は映像化されてきましたが、以前の実写映画を観た事もあり、さらに観やすいアニメという事でこちらの映画を鑑賞しました。17歳という年齢の紺野真琴は、ある事故をきっかけにタイムリープで時間を元に戻す事ができるようになります。学校に遅刻しやすい真琴は、そのタイムリープの能力で遅刻しないように画策したり、友達との人間関係が気まずくなるのを事前に解消する為に、この特殊な能力を使うようになります... 続きを読む

衝撃を受けた「AKIRA」

最もインパクトを受けたのが大友監督のAKIRAです。 大友克洋監督/映画『AKIRA』がアニメ界に与えた影響とは 動きのリアルさ、実際の動きよりもリアルに感じさせるクオリティ。今観てもまったく色あせないところが凄いです。 アニメは結局、え?っていう感じも子ども心にありましたが、自分が年齢を重ねるごとに、こういうことか……って納得できる範囲が広がってくるのもなかなか他にないオリジナリティ溢れる作品でした。 金田のバイクのかっこよさ。憧れましたねー。エンジンンの回転数がどうのこうのってどういう意味かよくわかっ... 続きを読む

死について考えた珍しい作品「Angel Beats !」

私はあまり漫画は読まないのですが、アニメならよく見ています。その中でも面白かったというか、よくこの話をアニメで表現しようと思ったなと思ったのが「Angel Beats !」です。ネタバレがあるので注意してください。 Angel Beats! 公式サイト 舞台は死後の世界。生前やり残したことがある学生たちが学園生活を送り、悔いなく成仏していくというストーリーです。私はまずこの設定がすごいと思いました。アニメの主人公やキャラたちに痛烈な過去があるのはお決まりですが、死後の世界を描くことはなかなかなかったように... 続きを読む

DVDの買取価格を比較して、ネットオフというところに売った経験談

駿河屋という宅配買取専門のお店で買取サービスを利用した時の感想について書いてみたいと思います。 見終わったDVDを売りたいと考えていたのでどこで売ったらいいかなと思い買取価格の比較サイトを見てみました。 買取価格の比較サイトとはその名のとおり、各買取業者の買取価格の一覧が出てきます。 面白いのはDVDごとに買取価格が違うことです。 これは当然で、発売されたばかりの人気タイトルのDVDボックスと古くなって誰も見ないような映画のDVDが同じ値段の訳がありません。 ネット上で簡単に調べられるのでDVDを処分する... 続きを読む