古畑任三郎

古畑任三郎は、私が大好きなドラマです。それは、なんといってもよくできていると思うドラマだからです。一回でその内容がほとんど完結するところもいいですね。長くだらだらとあると、疲れるところがあるので一回一回で事件が解決できて、面白く見ることができます。

そしてこれが面白いのは、古畑任三郎を田村正和が演じているところです。田村正和というと、二枚目俳優ですよね。そのような俳優さんが、このちょっととぼけているコミカルな役をしているところに面白さがあるのです。そのため、その点でも興味を持ってみることができました。一つに役柄の確立をしたドラマだと思うことができます。

そして事件の犯人が、最初にわかるのもとても面白いです。どうして犯人がわかるのかというところを、ちょっとしたヒントを元に事件を解決していくんですね。その事件の解決の仕方が通常のドラマと少し違うので、その点でも新鮮に見ることができました。

通常の事件ドラマは、いきなり真剣な顔で事件を解決していくことが多いです。しかも多くの刑事が解決して行くんですね。ところがこの古畑任三郎の場合は、一人ですべての事件を解決していくのです。そのあっぱれさに感動すらありました。

そしてその犯人役として、とてもその時代に活躍したが演じているところも魅力がありますね。まさかこんな人が演じているのかという、その点でも面白く見ることができます。一回完結でないものもとても面白かったです。