テンションが上がるワイルドスピード スカイミッション

テンションを上げたいときに私がオススメするのは、ワイルドスピードシリーズのスカイミッション。

迫力のカーアクション、たくさんの種類の車がでてきます。最新の車から、歴史のある古い車まで。車好きにはたまらない映画となっています。国産のGTRなど、日本車も多く登場します。
ワイルドスピードのポールウォーカーの30台の愛車とその実勢価格
世界に負けず劣らず日本の技術の素晴らしさに誇らしいと思えます。映画の中では、車のカッコいいボディだけではなく、その素晴らしい走りやエンジン音も注目です。そして、大切なのはストーリー。仲間を超えて「家族」と表現されるきずなの強さがチームを作っています。

そのチームがFBIと協力して、犯罪者を捕まえるというもの。これまでのシリーズでたくさんの人間模様がありますが、個性的なメンバー。もっともキズナを大切にする仲間思いのトレット。元FBI捜査官のブライアン。ムードメーカーのローマン。クールなオトナ雰囲気をもつハン。など、それぞれの個性がうまく調和して最高のチームとなっています。スカイミッションの注目すべきは、度肝をぬかれる発想のカーアクション。車が空を飛びます。飛行機からパラシュートで落下するというシーンは、今まで見たことのない演出で、釘付けになります。そしてさらに、大富豪から車を奪還。高層ビルの上階から逃げ場を失ったトレットは、思いがけない方法で逃げ出します。アクセルを全開に踏み込み、隣の高層ビルへ飛び移るのです。3つの高層ビルを車で移動します。

こんなのありえない!と思うシーンですが、圧倒されるカーアクションと映像技術で本当におこっているのではないか!と思ってしまうほどの迫力。ワイルドスピードのシリーズは全て見ることをオススメします。その中でもストーリーの終わりを飾るこの作品は、人間模様も注目です。

そしてカーアクション、ずば抜けておもしろいと私は個人的に思います。この映画を見た後は、きっとカッコいい車に興味をもてるはずです。現在、情報によると次回作が公開予定となっているそう。どんな内容になるのかとても楽しみですが、次はどの舞台でどんな車が出てくるのか楽しみにしているファンもきっと多いはずです。

ワイルドスピードシリーズは1作目からみると、よりこの作品を楽しく見れます。