古き良きアメリカの若者の日常を描く『忘れられない人』

昔よく行った大阪天満橋の映画館、近くで働いていた私は招待券をもらい一人で足しげく通ったものです。 その時ちょうど上映されていたのが『忘れられない人』1993年アメリカ製作、監督があのトニー・ビルだと知ったのは後になってからのこと、道理でどことなくノスタルジックで繊細なラブストーリーだと思いました。主演はクリスチャン・スレーター『モブスターズ』や『トゥルー・ロマンス』など少しやんちゃなイメージの強い彼でしたがこの作品では繊細で純真な青年を演じています。ちなみに私は『ヘザーズ』を見て彼が好きになりました。ヒロ... 続きを読む

フランスで「アナと雪の女王」を観た日のこと

日本に先駆けること数か月前、2013年の12月上旬、私は一人自転車をこいでいました。自宅から自転車で行ける場所に小さな映画館があり、子どもが幼稚園に行っている間、朝の回の新作映画をたまに見るのが当時の私の最大の楽しみでした。フランス生活は見かけほど華やかなものではなく、経済的にも精神的にも時々苦しいものがあります。その中で、日本と比べると格段に安いのが映画料金。2Dならば5.5ユーロで鑑賞できてしまうと言うありがたさをかみしめながら、私はその日もいそいそとチケットを購入しました。 そして眼下に広がる、美し... 続きを読む

ダーティ・ダンシングは青春の始まりを告げる映画

今も色褪せることなく心に残り「あなたの好きな映画は?」と尋ねられると必ず挙げてしまう作品です。 1987年アメリカで製作された恋愛を軸に家族の暖かさや絆と友情、少女から大人へと成長する時のどことない喪失感を音楽とダンスをこれでもかと盛り込んで見せてくれた逸品で、あの時の衝撃は忘れようがありません。確かお正月の深夜に何作か続けてやっていたテレビ放映で出会ったと記憶しています。主演はジェニファー・グレイ、くるくるの巻き毛と素朴な印象のある女優さんで”ザ・普通なティーンエイジャー”と言う印象 ジェニファー・グレ... 続きを読む