何かに挑戦するすべての人へ‐塔の上のラプンツェル‐

今までのディズニーのプリンセスたちとは一味違う、新たな時代のプリンセスの物語を描いたのが、「塔の上のラプンツェル」です。
主人公は、永遠の若さを保つことができるという魔法の長い髪を持った少女ラプンツェル。
彼女は幼い頃に、その髪の魔法のために悪い魔女に誘拐され、18歳になるまでずっと深い森の奥のある塔の中で暮らしています。
悪い魔女を母親だと思っているラプンツェルは、塔の中で楽しく暮らしていましたが、ずっと外の世界を見ることを夢見ていました。
もちろん悪い魔女は猛反対し、一歩もラプンツェルを外には出しませんが、ひょんなことから、彼女の塔に迷い込んでしまった大泥棒フリンライダーと共に、外の世界へ飛び出していくのです。
今までのディズニープリンセスたちとは違って、ラプンツェルは自ら外の世界へ飛び出し、新しいものを見て聞いて触れて、様々なことに葛藤しながらも、自分の世界を切り開いていくのです。
ラプンツェルには、外の世界で、毎年自分の誕生日だけにあがる無数のランタンたちを、自分の目で間近で見たいという幼い頃からの夢がありました。
その夢が今まさに叶うという瞬間に、彼女は怖くなります。「私はこの瞬間を18年間ずっと塔の中で夢見てきたの。もし思っていたのと違っていたらどうしよう。この夢が叶ってしまったらその後はどうしよう」そのシーンで、フリンライダーがラプンツェルにかける言葉は、何かに挑戦していたり夢を追いかけているすべての人に届く素敵な言葉です。